下痢を甘く見ないでください

痛くてたまらない状況ですが、何故下痢をしたのか考えてみましょう。ただ止めればよいという問題で無いようです。

下痢を甘く見ないでください

下痢を甘く見ないでください 下痢症状を簡単にお考えてる方がとても多いです。そして、ただ止めればよいと考えてしまいがちです。その原因をしっかり見極めましょう。原因が分れば対処方法も自然とわかるはずです。ただ単にお腹を冷やしてしまったり、食べ過ぎだったりしてお腹を下す方もいらっしゃるとおもいますが、ほかの原因で下痢をしている事が考えられます。

例えば、食中毒による下痢です。この時、体の中にある細菌を体外に排出し、抗生物質等で菌をやっつけて病気を完治させます。いつまでも身体の中に悪い物質を貯めない為にも下痢を止めてはいけないと思います。ただ、気を付けなくてはいけないことがあります。下痢をしていると言う事は、身体の水分がどんどん無くなり脱水症状になってしまう事です。だからと言ってガンガンに水分を摂ってしまうと逆に下痢症状が激しくなり脱水状態になってしまいます。そのような時は、冷たくない水分を少しずつ飲むようにしましょう。そうすれば、体の中に少しずつしみこんでいきます。水分も大事なのでゆっくりとっていきましょう。

最後に、ダイエットの為に下剤を服用している人がいると聞きました。危険な下剤の服用により、身体に必要なビタミンやミネラルを失い、シミやたるみの原因になります。逆に綺麗にはなれません。絶対にやめてほしいです。


Copyright(c) 2015 下痢を甘く見ないでください All Rights Reserved.